R34スカイライン ライトのくもり除去

おこんばんは。

今年もあと1ヶ月ちょっととなりました。
今週は雪が降りましたが、11月の雪としては54年ぶりだったそうです。
寒くなるのはこれからです。みなさま風邪をひかないようにご注意ください。



先日、ライトのくもりを除去するケミカルを購入しました。
購入したのは、クイックスの「ヘッドライト用レストアキット」です。

今日、これを使ってライトのくもり&汚れを除去に挑戦しました。

IMG_0723s.jpg

入っているのは、
  ・ クイックスヘッドライトレンズポリッシュ剤
  ・ 専用クロス
  ・ 耐水サンドペーパー(3種類)
     #2000、#3000、#5000 が各4枚

そのほかに準備したものは、マスキングテープ1個
そして、耐水ペーパーを巻き付けるブロックが必要と思い
100円ショップで発泡スチロールのブロックを一個購入。
持ちやすい形にカットしたものを用意しました。

IMG_0729s.jpg

プリンス神奈川営業マンに現在 左右ライト一式の見積もりは約¥40万と脅され(金額はホント)
以前も、なんとかライト延命を願いレンズを磨くケミカルを購入し、試したものの
状態がひどかったからでしょうか、薄っすらくもっており透明感に欠けた感じ。
それも持続したのは約1ヶ月ほど。。。がっかりした覚えがあります。

画期的なケミカルが販売されないかなーと
思っていました。


パソコンで検索をかけている時にたまたま発見。
YouTubeでも試している方がUPした画像が有り
実際に透明感も施工前と後では見違えるようでした。

これを機に購入を決断したしだいです。
(南米の大河でポチりました)

施工前のレンズの状態です。
IMG_0725s.jpg

くもりが軽微な場合は耐水サンドペーパーを使わずポリッシュ剤からで良いそうですが
あまりに状態が酷いので、耐水サンドペーパーを使った作業から始める事にしました。

まずは、レンズ周辺をマスキングします。

スチロールブロックにサンドペーパー#2000を巻き水をかけつつ水平方向に磨きます。
表面の黄色く変色した汚れが水滴となってどんどん落ちてゆきます。

ある程度引っかかる様な抵抗感が無くなったら、サンドペーパーを
#3000に交換し今度は縦方向に磨いてゆきます。
また抵抗感が無くなったら#5000に交換水平方向に磨きます。

それが終わったら、今度はポリッシュ剤の登場。
ポリッシュ剤を直接レンズに約2センチほどの長さでつけます。
そして付属のクロスで今度は縦方向に磨いてゆきます。

それを数回繰り返すのですが
2回目、3回目は円を描くように磨いてゆきました。
最後は、硬くしぼったタオルで拭きあげて完了。

IMG_0731s.jpg

比べてみましょう。
右側=施工前
左側=施工後
IMG_0731ss_20161126193432fcd.jpg

どうですか!この違い!
このポリッシュ剤がすごいのか?、耐水サンドペーパーがすごいのか?わかりませんが
おそらく、この両方の組み合わせが良いのでしょう!

IMG_0733s_20161126200542fcc.jpg

IMG_0735s_201611262005416da.jpg

満足のいく仕上がりになりました。
後は、どのくらい持続してくれるのか?でしょうか。。。

このケミカルは、アクリル、高硬度ポリカーボネイトに使用可能です。

後片付けの時に判ったのですが
耐水ペーパーを巻くためのブロックが箱の中に引っかかって入ってました。
IMG_0736s.jpg

よくパッケージを見ると、載ってますね。。。
IMG_0737s.jpg

以上。


スポンサーサイト

むかごご飯&豚肉のショウガ焼き

この日のメニューは、
  ①むかごご飯。
  ②豆腐と小松菜の味噌汁。
  ③豚肉のショウガ焼。


むかごご飯は
通常の炊飯器を使います。

1.2合のお米は、普段と同じく研いだあとに
  通常の量の水を入れます。

2.顆粒のスティック状にパックされた昆布出汁を
  半分(2.5人分)入れます。

3.手で良く洗ったむかご(約3/4合)を入れます。

4.カツオ出汁つゆを小さじ2杯程入れて、後は普通炊きで炊飯します。
  炊飯器の設定は「炊き込み」でも良かったのかも・・・。

5.炊き上がるとむかごがご飯の上に集まってしまっているので
  良くかき混ぜ蒸らします。



豚肉のショウガ焼、今回の作り方の特徴は2ポイント。

1.豚肉を漬け込むのに、普段私はお酒を使うのですが
  日本酒が切れていたため、残っていた「柑橘系サングリア」をいれました。
  サングリア自体が甘い飲み物ですので砂糖や味りんは今回加えず
  サングリア、醤油、ショウガに10~20分ほど付け込んでおきました。
2.ショウガは冷凍したものを包丁で削ぐように切ります。
  こうするとシャーベット状のショウガができ、すりおろす必要はありません。

サングリアは肉が浸る程度、残ったサングリアは自分の腹の中に。
しょうゆ、ショウガは目分量です。。。

以下、省略

出来上がり。。。
syougayaki1.jpg

むかごは、ちょうどご飯にマッチする食感です。おこげもちょうど良く付きました。
お肉は柔らかく、柑橘系の酸味が肉、ショウガと合い美味しかったです。
息子も満足してくれたようでした。


庭にあるむかご畑ですが、
ムカゴ黄色い葉の上に、生い茂っているのは「エビヅル」のツルや葉です。
syougayaki2.jpg

むかごは簡単になるのですが、
エビヅルはそう簡単に実が付くツルが生えないそうです。
こんな多くのツルが生えているのに。。。
おやっ!実がわずかに付いていました。

syougayaki3.jpg

syougayaki4.jpg

むかごは昨年の数倍取れましたが、
エビヅルの収穫がゼロだったので
来年はもっといっぱい実が付くツルが
伸びればいいなーと思っております。

以上。



プロフィール

bootaka

Author:bootaka
スカイラインR34に乗って19年目。車中心とした趣味、身の周りについてのブログです。
SRC会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数     :
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村

自動車(日産) ブログランキングへ
JavaScriptを有効にしてください。


CarTube 日本最大級の自動車動画サイト